夫婦二人で妊活サプリ生活を開始!高齢出産なので頑張る

私は40歳直前での高齢出産だったので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。

少々太り気味の体形だったので、とにかく体重管理は気を付けるよう言われました。しかしながら、お腹がすくと気分が悪くなる、食べづわりだったので、いつも何かを口に入れていました。すぐに20キロ程太ってしまい、足はずっとむくみ、妊娠中毒にもなり、入院寸前の劣等生妊婦でした。

ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、結果としては妊婦として合格点だったと思っています。

初めての妊娠って、分からない事が沢山あるので、不安な気持ちになる事が毎日のうようにありますよね?快適なマタニティーライフのためにのんびりした気持ちを持つように努力しましょう。母親のあなたが不安なのではお腹の中で外の世界で会う為に懸命に生きようとしている赤ちゃんも不安になってしまいます。お腹が大きくなってくると腰や足の付け根が痛くなります。自分にあったタイプの腹帯やサポートベルトを正しい位置で腰に巻いておくと痛みが和らぎます。妊娠中に気をつけることは、とにかくストレスをためないことです。
ストレスをためてしまうと、イライラして暴飲暴食したり、冷静に物事を判断できず危ない行為をしたり穏やかな気持ちで過ごせなくなります。すると、母体に負担がかかることになり、胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。
出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。あまり神経質になりすぎるのもよくないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。妊娠中に守るべきことは色々あります。

季節を問わず、とにかくお腹を冷やさないこと、急に重い荷物を持ったり、上のものに手を伸ばしたりしないこと。運動は適度な範囲にとどめ、全力疾走などはしないこと、規則的な生活をして生活リズムを整えること。どれも妊娠中は誰もが注意されることだが、もう一点、私が何よりためになったと感じていることはこれである。産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげること。優しい言葉は優しい人間を作る、嫌な言葉は嫌な人間を作る産んでからもこの言葉の重さを実感する毎日である自分の体に起こる奇跡、それが妊娠だと思います。赤ちゃんができたということは非常に嬉しいことだと思います。

妊婦検診では超音波検査をしますよね。

赤ちゃんが順調に育っているかを診るものですが、赤ちゃんの性別を知ることもできます。胎児の性別を早く知りたいという人も多いと思います。望んでいた性別と違っても、がっかりしないで下さいね。

産まれてきた我が子は無条件で可愛いです。妊娠中に意識すべき点はいくつかあります。

一年を通してお腹を冷やさないこと、重い荷物を担いだり、棚の上などに手を伸ばさないこと程ほどの運動は良いが思いっきり走ったりしないこと、早寝早起きをして生活リズムを整えること。
全てどの妊婦さんも言われることだが、もう一つ、私が妊娠中に言われて一番ためになったと思うことがこれである。産まれる前から、赤ちゃんに優しい言葉をかけてあげること。

優しい言葉は優しい人間を作る、嫌な言葉は嫌な人間を作る産んでからもこの言葉は忘れられない日々である女性のデリケートゾーンである膣や子宮は、雑菌が侵入するのを防ぐため自浄作用があります。ところが、妊娠するとこれまでのホルモンバランスに乱れが出たり恒常的なストレスで自浄作用も機能が低下しがちです。また、ひどいつわりが原因で動けないと体力も低下し免疫力の低下により風邪などにも罹りやすくなります。
。こうして身体が弱ったところでカンジダ感染症に注意が必要な時期です。カンジダを治療しないまま出産してしまうと子供への感染リスクがあります。
妊娠初期はつわりなどで、食べることが難しい人がいると思う。しかし栄養を摂取しないと、赤ちゃんは育たないので、おじややゼリーなど受け付けるものを食べれればいいと思う。
固形物が食べれなくても水分を必ず取ることが大切である。

つわりがないから、お腹いっぱい食べれるといって食べ過ぎるのもよくない。

妊娠高血圧や妊娠糖尿病になる可能性もある。バランスのいい食事法をすることが大事であり、また元気な時は適度な運動をすることが妊婦生活中に大切なことである。
出産は2回経験しました。

1人目も2人目もつわりの症状が早期にでたので、検査薬で妊娠判定できる前回の生理から40~45日後よりも前に妊娠が判明しました。なので2人目も1人目と同じようなマタニティライフになるかとタカをくくっていたら大間違いでした。
1人目のつわりは重くてろくに食べることができない毎日でした。2人目の時はたった30日余りのつわりで終わり、落ち着いた生活をしていましたが、切迫流産と切迫早産の2回の危機に入院生活を余儀なくされました。

出産はその時その時で違うので体調の変化に細心の注意を払ったマタニティライフを送ってください。妊娠している間の体重管理はけっこう大変です。

食欲が減退する悪祖の方もいますし、食欲がかなり増してくるタイプの悪祖もあります。思わぬ速さで体重の増加が進んでしまったとき、我が家でも楽に出来る方法があります。

その方法とは、お風呂で体をじんわり温めながら足の指から関節と見たら次々に右に10回、左に10回とまわすのです。

このことにより、滞り気味だったっリンパの流れが改善され、体重が増えづらくなります。

なにがなんでも甘いものが食べたくなってきた時には自分で寒天ゼリーやおからを入れたツイーツを作ることをお勧めします。
ファンケルの葉酸サプリ体験談